提携団体「一般社団法人 日本先進医療臨床研究会」の主催で、「米国最先端のガン治療セミナー」を開催することになりましたのでご案内いたします。

セミナー内容

  • 何故、米国で1990年代以降減っているガン死亡率が、日本では減らないのか?
  • 米国に20年遅れていると言われる、日本のガン治療の現状と、米国並みに治癒率を上げ、死亡率を下げるための取り組み方
  • 米国最先端ガン治療にあって、日本のガン治療にない、2つの大きな違いとは?
  • 現在アメリカで最も注目されている驚異の抗腫瘍成分アセトゲニン高含有の解糖系ATPブロッカージェネピックなど、最先端ガン治療法
  • ATPブロッカー・ジェネピックの海外での驚異的な臨床データ例
    • ステージ4MDR乳ガン患者210名に対して、消失178名(84.76%)
    • 米FDAのフェーズ2臨床試験で、ステージ3~4の前立腺ガン患者60名に対して、消失56名(93.3%)
  • 超早期のガン発見のリスク判定検査、今話題の「プロテオ検査」について

セミナー詳細

詳細のご確認、お申し込みは以下リンク先にてご覧いただけます。

LINEで送る
Pocket